日々の、思いついた出来事を、思いついた時に、思いつくままに綴るただの雑記的なモノです
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年06月05日 (金) | 編集 |
かなり季節外れですが、カリフラワーです。


一般的にブロッコリーやカリフラワーって、茹でて調理することが主流とされていますが、海外では生でサラダとして食べる事が多いそうです。

せっかくなので、生で食べてみました。

カリフラワーを一口サイズに切って、ごま油とベーコンで軽く和えただけです。
コリコリとした食感で、生でもなかなか美味しいですね♪

カリフラワーやブロッコリーは、ビタミンやカロテンが豊富ですが、熱処理をするとそれらの栄養素が壊れちゃうんですよね。
なので、生の方が栄養価はたっぷりです。

ちなみに、カリフラワーとブロッコリーの違い。
・生の時の栄養価(ビタミン、カロテンetc...)は 「ブロッコリー>カリフラワー」
 茹でたあとだと、どちらも同じくらいの栄養価になるそうです。
 カリフラワーの方が、熱による栄養価の損壊が少ないです。

・カリフラワーは1回収穫すると終わりですが、ブロッコリーは脇からもポコポコ出てきます。
 ブロッコリーのほうが長く収穫できます。

スーパーでブロッコリーのほうをよく見かけるのは、こういった違いがあるからなんでしょうね。
私の店でも秋頃から苗を販売しますが、圧倒的にブロッコリーの方が売れていますね。

うーん。
今じゃなくて、夏が終わって涼しくなってからこのネタ使えば良かった・・かも?w
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。