日々の、思いついた出来事を、思いついた時に、思いつくままに綴るただの雑記的なモノです
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月13日 (土) | 編集 |
レンタルDVDで、実写版の「銀の匙」を観ました。


内容としては、原作の漫画から抜粋して、一部アレンジを加えた感じでした。
作中には豚の加工シーン等、多少グロテスクな部分もありますが、私たちが普段口にしている食材がどのように生産、加工され、食卓まで運ばれるのかを知る良い機会だったと思います。

何かを作るにしても、例えば漫画では次のコマには完成しているような表現も、実写ではたくさんの労力が必要になることがよくわかります。
実際、馬がソリを引く「ばんえい競争」も、原作の漫画で知識は知っていましたが、実写で見て初めて「あぁ、なるほど」と理解を深めることができました。

銀の匙は、現代農業や畜産業が抱える問題や、学生たちの将来の夢など、子供から大人まで色々と考えさせられる作品だと思います。
これを観ることで、食べ物のありがたみが少しでも多くの人に伝わると良いですね。


おまけ
キャストの配役が原作に忠実すぎて吹いたw

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。