日々の、思いついた出来事を、思いついた時に、思いつくままに綴るただの雑記的なモノです
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年10月06日 (月) | 編集 |
10月6日の早朝、実家の猫「ぐー」が永眠したそうです。


このブログでもあまり紹介する機会がありませんでしたが、昨年に亡くなった「ハハ」の子で、「イチゴ」のお兄さんにあたる猫です。
ハハやイチゴが生きていた時はイチゴにベッタリで、いつもイチゴの後をついて行くBL猫でした(笑)


先月の20日頃から全くごはんを食べなくなったそうで、動物病院に連れて行ったところ、口の中の歯周病が悪化しているのと、ぐー自身がごはんを食べることを諦めてしまっているような状態だったそうです。

口内炎で病院に通っている「しっぽな」や「ワカ」は、痛み止めの効果が切れてくるとすぐにバタバタするため分かりやすかったのですが、「ぐー」は痛くてもあまり表に出さない性格なので、両親たちも悪化するまで気付けなかったそうです。

ごはんによる栄養摂取ができないので、それからほぼ毎日「ぐー」を病院に連れて行き、栄養剤の注射、口の炎症を抑える注射をしてもらいました。
父の仕事が休みの日には父が、母は交通手段がないのでタクシーを利用、私も仕事が休みの日は毎回実家に帰り、3人で時間を調整しながら通っていました。

ただ、栄養剤を注射するだけでは限界があります。
先月末には体重が3kgを下回り、先週に私が車を出した時には2.7kgまで減ってしまいました。
血液検査もしてもらったのですが、その結果が昨日出たそうで、「極度の貧血」でした。

どういう事かというと、骨髄が新しい血液を作ることができなくなっているんだそうです。
そのため体全体が弱り、ごはんを食べることもできないという悪循環に陥ってしまっているそうです。

動物病院の先生が、診察の時間外にも関わらず夜に実家へ連絡してくれたそうで、明日7日に輸血を試してみましょうという話になっていた矢先、今朝方亡くなってしまいました。


実は今日、父から昼頃にメールで「ぐー」の死は知らされていたのですが、台風の影響で私の店は甚大な被害に加えて夜まで停電になっており、対策と対応に追われて返事をするのが夜になってしまいました。

上記の血液検査などの話は、さきほど実家に電話をして母から聞いたものです。
鼻をすすりながら話してくれて、「ぐー」の病状悪化に気づくのが遅くなってしまったことを悔やんでいました。
以前、「毎日仕事をしていても、毎日治療費で消えていく」と苦笑いしながら母は話していましたが、それでも通い続けた姿勢は立派なものだと思います。

明日、父は仕事が休みで、母は午前中で仕事が終わるため、午後からペット霊園で埋葬してもらうそうです。
私はしばらく仕事が休めないので、今度実家に帰った時には線香をあげたいと思います。
なんだかうまくまとまらない文章で申し訳ないですが、天国でイチゴと再会できるといいなと思いつつ、締めさせていただきますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お悔やみ申し上げます
看病お疲れ様でした。
ご飯食べられなくてやせ細っていくのを見ているのは、本当につらいですね。
もっとこうすればよかったんじゃないかとか、後悔は尽きないと思いますが、精一杯の看病をされていたと思います。毎日の病院通いなんてとても大変ですし、ぐーちゃんも毎回の注射を頑張ったと思います。本当にお疲れ様でした。
ぐーちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2014/10/07(火) 14:56:53 | URL | もちきん #-[ 編集]
こめんと返信
>もちきんさん
コメントありがとうございます。
「ぐー」は昔、左の前足がよその家のトラップ(トラバサミ)にかかってしまい、指を失う大怪我を負ったせいか、人を怖がる性格でした。
2~3年前には、外の猫とケンカをしたのか左目を失明してしまい、ケガの絶えない人生(猫生?)だったのですが、晩年は家族になついてくれて、人を怖がることもほとんどなくなりました。

人間を恐怖の対象として感じていた時期もありましたが、最後には心を開いてくれていたと思うので、実家で世話をしてくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。
2014/10/09(木) 03:21:21 | URL | こる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。