日々の、思いついた出来事を、思いついた時に、思いつくままに綴るただの雑記的なモノです
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年06月30日 (月) | 編集 |
ということで、部屋の中で時間を持て余していた私は、レンタルDVDを観ていました。
以前、新海誠監督の作品で「ほしのこえ」と「言の葉の庭」は観たことがあったので、今回は他の2作品を借りました。

まず、「秒速5センチメートル」


今の中学生には、携帯電話やメールが当たり前のように普及していますが、昔は固定電話や文通でのやりとりでしか、連絡がとれませんでした。

親しかった男の子と女の子が、転校で「東京⇔栃木」と距離が離れてしまい、文通が始まります。
そしてさらに、男の子が東京から鹿児島へ転校することになり、再開することが絶望的になります。
引っ越す前に栃木の女の子に会いに行こうと、大雪の中で列車に乗るのですが・・・

文通で約束した日時、場所へと向かいますが、列車は大雪のせいで大幅に遅延しています。
列車の中で、ただただ過ぎて行く時間と、少年の心の描写がとても印象的でした。
ちなみに、作品名の「秒速5センチメートル」とは、桜の花びらがひらひら落ちるスピードのことらしいです。


続いて、「雲のむこう、約束の場所」


作品としては、こちらのほうが先に公開されています。
こちらは、物語の舞台設定を理解するのにちょっと時間がかかりました^^;
この作品も最初は中学生時代から始まり、淡い恋心とかが描かれているのですが、中盤からはガラリとSFっぽくなります。
原因不明の、眠り続ける好きな子を救い出すお話ですね。


なんだかこういう作品を観ていると、もっかい中学やり直したいなぁとか思っちゃいますね(*´д`*)
そういえば、私のお気に入りの漫画家さんで「佐原ミズ」さんというかたがいらっしゃるんですが、新海監督の「ほしのこえ」の漫画版を出版されているそうなんですよね。
ぜひ読んでみたいと思っています(´▽`)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。