日々の、思いついた出来事を、思いついた時に、思いつくままに綴るただの雑記的なモノです
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月28日 (土) | 編集 |
サマーパッケージの「頭のせフィーリル」の活用方法がないかと模索してみました。
この装備は、反撃ダメージ値に期待するものではなく、反撃による攻撃判定数の増加で
オートスペルの発動率を上げるということを狙いとして利用すれば
活路を見いだせるかなぁ・・・

そこで、しばらく放置していたINT>AGIのクルセを起動して検証してみました(´・ω・`)

クルセはリフレクトシールド(RS)により、もともと反撃ダメージを出すことが出来るのですが、
あくまで盾を装備することが前提。
つまり槍を装備するとRSが使えません。
そこで役立つのが。。つ「頭のせフィーリル」
これなら槍をもちながらダメージの1%をはね返すことが出来ますb

「検証」・・・ゼピュロスのサンダーストーム(TS)は反撃ダメの攻撃判定で発動するのか?

というわけでさっそくイズルートの海底洞窟へ。
結論から言えば
080628.jpg

発動しましたっ
上の装備で攻撃をせずにしばらく放置。
するとTSが発動したので、フィーリルの反撃ダメにも攻撃判定はあるようです。

 ただし、ここで注意点
①マルクのスタン攻撃を受けた時、スタン中はTSが発動しても当たらなかった。
 (※TSのエフェクトは出ます)
②自分が高Fleeだと、攻撃を避けるので反動ダメージが出なくなる(致命的orz
③装備可能Lvが80~なので、装備できる頃には高Fleeに(致命的|||orz
④かといって上級狩場で使おうと思っても、DEFが0でさらに精錬も不可(致命傷orz=3

以上のことから、
「頭のせフィーリル」はネタ装備であることが判明しました(´・ω・`)
ただ、海底洞窟くらいのmobならダメージもあまり痛くないので、
mob囲まれてFleeが低下したときなら真価を発揮しそうですねw
今後のクルセの育成は、しばらくAGIを上げないでINTをカンストさせようかなぁ・・・
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。