日々の、思いついた出来事を、思いついた時に、思いつくままに綴るただの雑記的なモノです
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年06月28日 (火) | 編集 |
実家に帰ったら・・・

外のプランターに猫(ヒメ)が生えてた・・・


あーあ、植えてた花ぐちゃぐちゃだよw
スポンサーサイト

2016年06月20日 (月) | 編集 |
ということで、3連休雑記のラストは猫ネタです。
3年前の2013年、岩手の祖父母の家には、チャコと、その子供、マリがいました。
どうしてるかな~と思って、着いた後に探してみたところ・・・

チャコ発見!
もはや長老の風格ですな。

いまは14歳くらいですかね。
あまり人には関わりたくない性格みたいで、近づくと逃げちゃいます。
ただし、じーちゃんのことはお気に入りみたいで、直売所に出かけてしまうと、
「あお~ん」と鳴いて探し回る姿が印象的でした(n*´ω`*n)

続いてマリ、約13歳くらい?

このこも相変わらず元気そうでした。
こっちはなかなかやんちゃで、わりとすぐに警戒心が解けたみたいです。
人のかかとに噛みついて来たり(甘噛み程度ですw)、ちょいちょい人の周りを歩いています。
こっちは、ばーちゃんがお気に入り。
どちらも相変わらず元気そうで安心しました。


さて、岩手の山中を走っていると、マタタビの木が結構はえているんですよね。
3日目、実家に帰る際に、枝先のほうを少し持って帰ってみると・・・
帰宅を待っていたヒメが骨抜き状態にw

ちなみに、中毒性はありませんので、猫に害はありません。

ちょうどよいサイズの空き箱があったので、その中にマタタビの木を入れてみました。

(´・ω・`)出荷よー


3日間、良いリフレッシュができました(*´ω`*)

2016年04月27日 (水) | 編集 |
どうも、ごぶさたしております。
ここ3ヶ月、仕事のストレスがだいぶ溜まりやすくなってまして、どうにか発散しようとすると実家へと足が向いてしまうこの頃です。
以前は、ちょっと服とか雑貨とか(1人で)買い物に出かけてみたりしてたんですが、それすらもしんどい(||´Д`)o

休みの日は、実家で猫と一緒にボヘ~っとしてるのが多くなってきました。
あとスマホのゲームの課金ガチャなっ!
いやぁ、あれは一度課金に慣れちゃうと、抵抗がなくなってきちゃうからヤバイですね。
どこかで軌道修正しないと・・・


というわけで、GWで忙しくなる前に猫成分を補給してきました。
居間のコタツ(春仕様)でまったりしてたら、足のくぼみでヒメがゴロン。


10分後


さらに10分後。


よし、2週間、仕事がんばろう!

2016年03月25日 (金) | 編集 |
実家の猫、ワカが他界して1ヶ月とちょっとが過ぎました。
現在、実家で飼っている猫は、ワカと一緒に生まれたヒメだけになりました。

ヒメは猫のくせに、大のネコ嫌い。
特にワカが嫌いで、視界に入るたびにシャーシャー威嚇していました。
兄妹なのにね・・・
そんな性格のため、家に入るのはご飯の時だけ。
普段は、寝るときも含めてずっと外で生活していました。

しかし2月にワカが亡くなり、家の中から猫の気配が無くなると、生活が一変。
今までの猫たちのように、家の中にいることが多くなりました。
寝るときも座イスやコタツを使うようになり、みんなから出た言葉。

「おまえ、飼い猫みたいだな」

というくらい、ライフスタイルが変わったのですw
先日実家に帰った時に、13歳にして初めて「刺し身」をあげてみました。
最初はそれがなんだかわからない様子でしたが、試しに口に入れてみたところ、とても気に入ったようで・・・

次に実家に帰った時も、仕事帰りだったのでスーパーで半額の刺身を買って帰りました。
すると

「カリカリじゃなくて、それください」


「その、手に持っている袋の中でガサガサしているアレをください」


「さ~し~み~よ~こ~せ~」


といった感じで、めっちゃテンションが上がるようになりました( ´ ω ` )
まぁ今までずっと、冬の寒い時でも外で生活していたから甘えたい気持ちもあるんでしょうかね。
今のところ最後の1匹となってしまった我が家の猫。
大事にしてあげたいと思います。

2016年01月22日 (金) | 編集 |
木・金と連休だったため、実家ちかくの病院で、止まらない咳を看てもらおうと思い、
水曜の夜に、仕事が終わったあと実家に帰りました。

家に帰ると、猫のワカの容態が良くないらしく、昨日から口が堅くなって何も食べていないとのこと。
火曜までは、カリカリをふやかした物や、おかゆを裏ごしして、注射器を使って食べさせていたそうですが、完全に食べなくなってしまったそうです。

夜の9時すぎに私が風呂に入るとき様子を見てみた際は、ペットベッドで静かに呼吸しながら寝ていました。
風呂から出て9時半頃ですかね。
台所にいた母が「ワカ死んじゃった・・・」と一言。

いままで飼っていた猫、しっぽなやいちごは、息を引き取る直前に呼吸が速くなっていたのですが、
ワカは最後まで静かで、ゆっくり息を引き取りました。

翌日、父は仕事が休みで、母は午前中が仕事、私は咳の診察で病院に行く予定だったので、午後から3人でペット霊園に火葬してもらいに行きました。


お世話になるのはこれで6回目。
初代のまぁちゃんは、年数が経過したので共同墓地に移されています。
今回のワカもそうですが、イチゴの時といい、しっぽなのときといい、たまに私が実家に帰るタイミングで亡くなるんですよね。
なんの因果かわかりませんが・・・

火葬はだいたい40分くらいかかったのですが、遺骨を箸で移す際、本来は白いはずの骨のいくつかが、青く変色していました。
もしかしたら、内臓の病気が進行していたのかもしれませんね。
ただ、今回は今までの猫たちの中では、かなり多くの骨が残っていました。
息を引き取る2日前までは、しっかり食べようとしていたそうなので、食事が大変な身体になってからも、どうやったらワカが食べられるか、試行錯誤しながら介護をしていた母の賜物だと思います。


ワカ、13年間お疲れ様でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。